認知症薬の開発に思わぬ”伏兵”

バイアグラで、認知症リスクを70%低減!?

Nature Aging(2021年12月6日オンライン版)が、アルツハイマー型認知症(AD)に有効な可能性がある既承認薬を選び出したところ、勃起不全薬(商品名バイアグラ)として承認されているシルデナフィルを投与した患者で、AD発症リスクが約70%低減したと報じた。
バイアグラのジェネリック シルデナフィル錠VI
もとより、ADの新薬開発は加速している。 アルツハイマー薬が米で承認され、エーザイが世界初、共同開発を行っているとされる記事も掲載されている。

FDA承認の1,600種類以上から候補薬を特定

今回の手法では、まずADに関連する遺伝子を突き止め、その遺伝子をつなぐ分子相互作用ネットワークを構築。
その際、アミロイドとタウ蛋白の双方に関連する遺伝子に注目。

米食品医薬品局(FDA)承認済み1,600種類以上の薬剤で、AD分子相互作用ネットワーク構成要素と承認済み薬剤の標的分子との関連性を検討したところ、AD関連遺伝子と密接に関連する66種類の薬剤が特定された。
※その多くは、ADに対する臨床試験で既に検討されており、さらに検討を進めた結果、ADに対する最有力候補薬はシルデナフィルであることを突き止めた。

ドラッグリポジショニング(英: drug repositioning:既存薬再開発)は、既存の疾患に有効な治療薬から、別の疾患に有効な薬効を見つけ出すことだが、勃起不全薬のドラポが認知症に奏功するとは‥。

オヤジ族には二重の意味で朗報だが、果たして女性の認知症にも効果があるのだろうかと、ふと余計な疑問がわいた。